Profile

代表プロフィール

株式会社きてん企画室 代表 中田 一会(なかた かずえ)

株式会社きてん企画室 代表
中田 一会(なかた かずえ)

1984年東京都生まれ。武蔵野美術大学芸術文化学科卒業。

2007年からIT関連出版社にてIR(投資家向け広報)/電子書籍の企画編集を担当。その後、2010〜2015年まで、株式会社ロフトワークのPR兼コミュニケーションディレクターとして勤務。企業の広報PR、ブランディング、メディア運営、地域デザインプロジェクトのコミュニケーション設計等を手掛ける。

2015年~2018年3月まで公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京に在籍し、プログラムオフィサー兼コミュニケーション・デザイン担当として勤務。「東京アートポイント計画」「Tokyo Art Research Lab」「TURN」などのアートプロジェクト事業で、中間支援と情報発信を担う。

2018年4月より独立し、個人事務所「きてん企画室」を設立。多様な組織でコミュニケーターを務めてきた経験を活かし、文化・デザイン・ものづくり分野を中心に活動中。2018年度より、徳島県「あわ文化創造アドバイザー」も務める。関係性の起点をつくる、やわらかなコミュニケーション企画が得意。

●掲載記事

「きてん企画室 中田一会さん『人の創造性を信じているから。“起点をつくる”広報コミュニケーションを』」(2018年、PR Table Community)
「ブツ切れにしない|広報コミュニケーション活動、3つの視点」(2017年、ネットTAM)
「【広報インタビュー】中田 一会 氏 株式会社ロフトワーク パブリックリレーションズ コミュニケーションディレクター」(2013年、Valuepress)

●関連出版物

『アートプロジェクトを紡ぐ─伝える・ひらく・つなげるためのヒント集』(2019年、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、共著)
『アートプロジェクトの現場で使える27の技術』(2017年、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、共著)
『キロク学会#01 キロクニスト養成講座』(2015年、学研プラス、共著)
『Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで』(2012年、角川アスキー総合研究所、共著)

ホームへ戻る